京都のシロアリ駆除|ヤマト産業
HOME>お住まいのミニ情報

虫太郎の伝言版

虫の文化史(虫偏の虫)①~人と虫が奏でる文化~
「虫の文化史」の着想と引用の多くは荒俣 宏著「世界大博物図鑑」(全7巻)に依りました。
世界的な博物学者である同氏に、敬意と謝意を表します。

古今東西「虫の定義」

改めて、「虫とは何か?」ということ、つまり、「虫の定義」について考えてみましょう。

今では虫と言うと、普通は「昆虫」を指します。

しかし、それは生物の発生学が進歩して、分類学が整備された結果のことです。

面白いことに、18世紀まで、虫についての認識は、西洋でも東洋でも似たようなものでした。

中国の虫観
中国では、「魚」と「鳥」と「獣」以外のものを「虫」として分類していました。
漢字で書くと、虫偏(むしへん)が付くものが、それに当たります。
例えば、海にいる蛸(タコ)や、蝦(エビ)、陸では蛇やミミズも、「虫」なのです。

そうした分類の方が、アバウトですが、何となく親しみ易い感じがします。

フランスの虫観
同じ頃の、フランスの昆虫書にも、トカゲやクモやザリガニやミジンコまで「虫」として扱っています。
これもみんな、漢字で書くと虫偏が付きます。
不思議なことに、洋の東西にかかわらず、感覚的な虫に対する概念は同じだったのです。
得体のはっきりしないものはみんな「虫」にされたのです。

広義の虫

この18世紀までの分類を、広いという意味で、「広義の虫」と呼びましょう。
虫のことを歴史的に調べたり、文化的に調べようとすると、昆虫だけの虫では狭すぎます
「広義の虫」つまり、「漢字で虫偏が付く虫」を、すべて虫として定義すると便利です。

それに何よりも、面白いのです。
虫偏が付く虫の分類なら、想像上の虫でも採り上げてもらえそうな雰囲気です。
昆虫という「狭義の虫」より、虫偏が付く「広義の虫」の方が、夢も広がります。

「虫の文化史」のテーマ

「虫の文化史」では、昆虫以外の虫や、虫と文化についても取り扱いたいと考えています。
あらゆる角度から、虫を眺めてみたいという想いからです。
虫にまつわる話、食材としての虫、薬になる虫、虫と文学など、歴史と文化の中に登場する虫が主人公です。
人と虫との関わり学⑩
 人文虫学について

人文虫学とは、人と人間に関わる学問の総称を言います。
ただし、筆者が創造した学問分類ですから、公には通用しません。
もともと、人間と虫との関係は、それほど密接なものではなく、ファーブルなどにように終生昆虫に没頭できる人は、やはり相当な変人と言うべきでしょう。
それ程まで虫への興味を万人に望む気持ちはありません。
しかし、それにしても、筆者が子供だった昭和30年頃と比べて、明らかに社会も自分の感性も自然に対する繊細さから遠ざかっている事を実感します。(加齢による感受性の劣化を差し引いたとしても)
この原因は現実追求に偏った文明(物)社会と無縁ではない様です。
そして今後もグローバルな市場経済の法則に従うとすれば、日本人は得意な工業分野を専門に受け持ち、国際収支が黒字の間は、食糧や場合によっては感性までも他国に依存する事でしょう。
しかし往々にして、生きる為に大切なものを他人に依存できるという文明社会の便利さは、一方で
「感性の退化」をもたらします。そして、この方向性は正に、個(国家)として生きるための「自立性が失われてゆく過程」でもあります。
物は足りなかったけれど、自然や人や生き物と遊ぶ(生きる)ことは不自由せず、満足すら覚えていた、
あの子供の頃のような、しなやかで普遍的な感性と文化(心)を失わない国であり続けることを信じ、
筆を置きます。
人文虫学~人と虫との関わり学⑦~
自然を全身で感じた人

野外で過ごすと食事が美味しいのを経験したことがありますか?空腹が調味料になっているだけとは思えません。自然界には不思議なエネルギーが宿っているようにも感じます。いつの時代でも自然を愛する人は多いのですが、この世にあるすべての物を慈しんだ人もいます。山口県の仙崎(長門市)で生まれた「金子みすず」もそうした人の一人です。その詩集より。

不思議
「(前略)私は不思議でたまらない、青いクワの葉食べている蚕が白くなることが、わたしは不思議でたまらない、誰もいじらぬ夕顔が一人でパラリと開くのが、わたしは不思議でたまらない、たれに聞いても笑っててあたりまえだということが」

わたしと小鳥と鈴と
「(前中略)鈴と小鳥とそれからわたし、みんな違って みんないい」

彼女の詩には、常識というブラインドはありません。人間中心の考え方ではなく自然界の全てを同等に据えています。彼女は26歳の若さで夭折しましたが、誰よりも多くのものを、自然界の中から吸収していたような気がするのです。
つづく・・・
人文虫学~人と虫との関わり学⑦~

確かな社会とは


1997年、バブルが崩壊し、アジアの工業先進国であったタイがIMF(国際通貨基金)の管理下におかれたとき、プミポン国王が国民に呼びかけた言葉があります。


その主旨です。
「工業先進国をやめよう。国が栄えて社会が滅んでは意味がない。国よりも社会を重視しよう。(具体策は省略)。基本的な自給を確保して、売るための農業から暮らしを作る農業に変えていこう。そうすれば幸せに生きられるはずだ。」
これは、社会の全てが資本主義経済の原理で作動するのではなく、社会の核の部分に自給的な原理で働く空間を作ることで、安定と持続可能な社会を実現する、という考え方で 「NOT FOR SALE」(売るためだけではなく) という、資本主義経済の欠陥から社会を救おうとする北欧での発想にも通じます。通俗的な現実を相手にし、目先の利害を求める大衆(票)に媚びざるを得ない政治家ではなく、社会の安寧を導くべき立場の国王にして発することができた言葉でしょう。


確かな社会の条件は、働く手ごたえと充実感と、そして人々のつながりと支え合いが感じられる社会であるはずです。幻想的な閉鎖系の経済社会の鎖から身をよじって逃れ出たとき、はじめて周りの景色もそして虫や生き物たちの存在も、昔のように身近に感じることが出来るかも知れません。

つづく…

人文虫学~人と虫との関わり学⑥~

現代文明も自然の一部


虫はおろか草の一本さえ、ゼロから創り出すことは出来ない人類。


この事実は、「私達の存続は、地球上の動・植物を含む生物系の食糧や鉱物系の資源を利用することだけによって許されている」ことを暗示します。言い換えれば、宇宙や地球を含む自然系の恩恵によって生命を与えられていることと同義です。
現代の科学技術や経済といえども、この前提のもとでのみ成立することが可能であって、これを逸脱するに足りる力量は持ち合わせていない、ということです。
我々としては、現代社会や文明がこうした制約的前提の範囲内でだけ存続(持続)可能であることを、普遍的な人類の所在地として客観的に認識することが、すなわち健全な認識というものでしょう。


こうした現代科学のスタンスと限界の認識こそ、自然界を含めた現代社会のおける科学と文明と文化のあるべき方向性を導くための正当な入り口と思われます。
「人間の英知が及ばない自然がそこに横たわっていること」、そして「自然を利用する範囲の中でだけ成立できるのが文明社会の前提条件あること」、という認識があれば、科学(技術)と文明(物質)と文化(心)の均衡の上に成り立つ社会の実現も夢ではないでしょう。


こうした人類の位置と限界の認識は、太古からの人間の心情、つまり、森羅万象に対して、畏敬と親しみという相反する思いを抱きつつも総てを受け容れ享受した心情と構造と理を異にするものではないようです。

つづく…