京都のシロアリ駆除|ヤマト産業
HOME>シロアリ防除

施工業者の選び方ワンポイント

悪徳業者に気をつけるために!

残念な事に、シロアリ施工業者の中にも、強引な商法をしている者がいることは事実です。
問題を残し後悔しない為、次のような事に気をつけて、業者選びの参考にして下さい。

 

無料点検

シロアリ施工業者による床上、床下点検は、無料点検が一般的ですが、無料点検という名目で中には必要でない商品販売や施工を行ったりする場合があります。その内容が必要な物なのか?又適正価格なのか? 良く検討される事が必要と思います。

 

オーバートーク

例えば、多くのシロアリ施工業者は床下の湿気対策等を行っていますが、本当に必要かどうかの見極めが大切です。業者が床下状況の説明の時に『土台が腐りかけている』や『カビが生えている』と言って床下調湿材や床下乾燥剤、床下換気扇、床下補強を強く勧めてくる場合には、必ず状況写真に基づいての説明と確認が大切です、実際に床下にカビが生えているとの事で、確認するとコンクリートのエフロエッセンス(白華現象)だった場合も有るようです。知識と経験のある施工業者を選ぶことが大切です。

 

抱き合わせ販売

チラシやホームページで低価格が提示されている場合があります。なぜ施工価格が安いのかを確認してみましょう。 最近の一例として、シロアリ駆除工事やシロアリ予防工事を一般的な価格より安い価格提示をし、床下調湿材や床下換気扇、床下補強を抱き合わせ販売するケースです。(又、逆に高い価格提示をしてくる場合もあります。)

 

急ぐ契約と工事

契約や工事を急がせる業者には、ご注意を!
施工内容や価格をしっかりと確認し、相談した上で決定致しましょう。

 

見積書(契約書)

契見積書の内容について確認しましょう。見積書の施工面積が現場面積と同じか?施工内容と商品に問題は無いのか?施工に対しての約束事項が記載されているか?のチェックもお忘れなく。

 

危ないなと思ったら

 

クーリング・オフとは消費者を守るため、一定期間内であれば無条件で契約を解除できる制度です。ただし、すべての契約が解除できるわけではありませんので、各地域の消費生活センターにお問合せ下さい。
シロアリ駆除や床下換気扇の設置などで訪問販売を受けた場合、特定商取引法の訪問販売に該当しますので書面通知でクーリング・オフできます。工事が完了していても、契約書面の交付された日から8日間なら問題ありません。