京都のシロアリ駆除|ヤマト産業
HOME>家庭害虫百科事典

家庭害虫百科事典

イエヒメアリ
イエヒメアリは本州・四国・九州に分布し、体長2mm程の黄褐色のアリの仲間です。乳児や病人が寝ているところに入り込み、刺咬します。

①好物
雑食性で、菓子・砂糖・干し肉・魚の干物・バターなどあらゆる食品に群がります。

②棲みか
原産は熱帯アフリカなので低温に弱いのですが、国内では、暖房の完備した家屋や鉄筋建物に住みついて活動します。コンクリートの割れ目・ふすまの紙の間・押入れ・段ボールの波形の穴、タンスの中などに巣を作ります。

③対策
侵入を防ぐことは大変困難で、室内で活動する個体を見つけても、巣の発見は容易ではありません。見つけたら、市販のアリ用ベイト(毒餌)剤を個体が出没する箇所に設置してみてください。巣へ餌を運びこみ、巣の崩壊が期待できます。

④注意点
餌となる食品は密閉できる容器に保管しましょう。
投稿者 admin (16:13) | PermaLink

コメントする


 




TrackbackURL :